So-net無料ブログ作成

日本語は難しい。「『中村芝翫』は200年の歴史を持つ歌舞伎界でも有数の大名跡」。え?

2019年9月13日の朝刊。
きょうのテレビ番組の内容を紹介する欄に、
TBSの《爆報道THEフライデー》が
取り上げられていました。

その紹介文を見て、思わず「えっ」と
言葉が出てしまいました。

どのように書かれていたのか。
《ゲストは歌舞伎俳優の八代目中村芝翫。
「中村芝翫」という名前は200年の歴史を持つ
歌舞伎界でも有数の大名跡》。

以下は略します。

あなたは読まれてどう思われましたか。

「200年の歴史を持つ」はどこにかかる
と思われましたか。

自分は「歌舞伎界」と。
しかし、おそらくこの文章を書かれた方は、
後ろの「大名跡」と考えたのでしょうね。
(みょうせき=代々受け継がれていく家名・俳優名)

中村芝翫
https://www.narikomaya.jp/nakamura-shikan.html

初代は、《一時期、江戸へ下る時だけ
俳名の芝翫を芸名として使用していた》とのことで、
もともとは、俳句の時の名前を使っていたのですね。

文化文政期の名優とあります。
《安永7年(1778)生~天保9年(1838)没》
ですので、おおよそ1800年頃とすると、
今から200年余り前のこととなります。

ということは、やはり200年は、大名跡にかかり、
200年余りも続いているということになります。

歌舞伎界、歌舞伎は、出雲阿国から数えると、
江戸時代初めに創始されたことになりますから、
通常、歴史を言うときは「400年以上」と形容されます。

なので、自分は違和感を覚えた訳です。

こうした自分のような読解力がない人が、
誤解をしないようにするためには、
どうしたらよいのか。

よく注意されたのは、
かかる言葉のすぐ近くにおくこと。
(修飾語は被修飾語のすぐ前に置く)

この場合ならば、「大名跡」のすぐ前に置く。

《「中村芝翫」という名前は歌舞伎界でも
有数の200年の歴史を持つ大名跡》

わかりにくいので、読点を入れる。

《「中村芝翫」という名前は
歌舞伎界でも有数の、
200年の歴史を持つ大名跡》

上の文章も読点だけでも入れていれば、
誤解をしにくくなったかも。

《「中村芝翫」という名前は
200年の歴史を持つ、
歌舞伎界でも有数の大名跡》。

持つと歌舞伎界の間に読点が入っていると
そこで意味が切れるので、誤解はしにくくなります。
さらに少し手を入れて、
《「中村芝翫」という名前は、200年の歴史を持ち、
歌舞伎界でも有数の大名跡》でしょうか。

でもやっぱりここは、修飾語をすぐ前に置けですよね。

○修飾語を二つ以上使う時は、長いものを先に、
 短いものを後にする。
 (長すぎる修飾語は使わない)
○修飾語を二つ以上使う時は、
 重要なものから先に出す。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。