So-net無料ブログ作成

有楽町の靴磨き名人千葉さん。弟子2人と、3人で大繁盛。

先日、日比谷、有楽町に。

日比谷から有楽町の交通会館の地下に向かう途中、
有楽町駅前を通った時、靴磨きの人が3人。
お客さんが列をなして並んでいました。

ちょっと立ち止まってみると、手書きの小さな看板が。
そこには、「師匠800円、弟子700円」と書いてありました。
さらに「千葉スペシャル」とも。

師匠と弟子、千葉スペシャル?

3人は一生懸命お仕事をしているので、
声をかけることをはばかられ、立ちつくしていると、
何か聞きたいのだろうと察知した常連のお客さんが、
「お師匠さんが千葉さんで、横の2人がお弟子さん。
千葉スペシャルというのは、師匠の千葉さんが
独自に開発した靴磨き用のクリームだよ」
と教えてくれました。

さらに「とにかく、千葉さんが靴を磨いてくれると、
靴の光り具合が全然違う」のだと。

その方は、1週間に一度ほど
定期的に磨いてもらっているそう。

中には、履いている靴だけでなく、
紙袋に何足が持参している方も。

2008年11月1日、放送のFMの番組で紹介されていました。
http://www.j-wave.co.jp/original/kissandhug/job/064.htm

常連さんが4000~5000人とは、凄いですね。

最近は、九段下にある千代田区の図書館に、
靴磨きが出張。
靴磨き講座も大変な人気のようです。

《千代田図書館で靴も自分も磨く》
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/guidance/bootblack.html

長谷川裕也さんも、マスコミによく取り上げられていますね。
もともとは、路上で腕を磨いたのだとか。

シューズラウンジ Brift H(ブリフト アッシュ)
http://www.brift-h.com/

関連エントリー
「革靴を愛するパリジャン」、ベルルッティの靴。靴磨き名人「源さん」。

いやー、千葉さんに磨いてもらいたかったのですが、
そのときにはいていたのは、
人工皮革のビジネスウォーキングシューズ。

考えてみたら、この10年ほどは、革靴を日常的にははいていないなー。
靴磨きの手間より、革靴をはいたときの
舗装道路の跳ね返り、疲れがはかなくなった理由ですが。

アスファルト、コンクリートの道を歩くと、頭にずしんときませんか?
(かなり値段のはる革靴でもそれは同じ)

最近、そうした疲れを軽減する革靴は出ているのかなー。

革靴好きの皆さんは、どうしているのでしょうか?

こうしたインソールを入れているのかな?

驚異のインソール SUPERFEET スーパーフィート  中敷き 
ビジネスマンの足を快適に☆疲労も軽減♪SUPERFEET スーパー
フィート DRESS FIT MENS 3/4 ドレスフィット メンズ インソール 中敷き

(楽天)

靴磨きは、いい気分転換にはなるのですけれど。
さきほど、靴クリームのふたをあけてみたら、
すべて、がちがちに固まっていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました