SSブログ

超格安航空が長距離便進出。ロンドン-香港片道最低16500円 [旅行]

ローマの友人が、
「ロンドンまで日本円にして2000円程で行って帰ってきた」
と話したのを聞いて驚いたのは、いつのことだったか?
(←EUの国内航空市場が自由化された1997年頃?)

10月25日、日経産業新聞に、
「新興の格安航空 長距離便に触手」との記事が。
「香港の甘泉香港航空公司が、
香港-ロンドン便を就航、欧州の格安航空会社の間でも
長距離路線への参入意欲が高まっている」との内容です。

甘泉香港航空公司(オアシス香港エアラインズ)が、
25日から始めた香港-ロンドン便は、
なんと片道最低75ポンド(約16500円)なんだそう。
(ちなみに英国航空で11月の正規最低料金が、
2650香港ドル=約40570円)

この先、「ミラノ線やベルリン線、ケルン線を就航」予定で、
米国へも飛ばす計画」だとか。
記事では、他にすでに長距離線に参入しているイギリスの
フライグローブスパンや、
これから参入しようとしている、
アイルランドのライアンエアーなどを紹介しています。

なんだかすごいですね。

格安航空会社は、メジャーな空港を使わず、
不便な場所の空港を使っていたり、
不要なサービスがなかったり、
またマイレージがないなど制約がありますが、
とにかく安く飛行機で飛びたい旅行者には、
今では無くてはならない存在。

こうした動きがどんどん広がってほしい気も。
日本にも国内線で格安航空会社が出来ましたが、
まだまだ大手の牙城を崩すほどの魅力はありません。

国際線でも、一応、何社か参入しているものの、
価格はヨーロッパほど格安ではありません。
香港の甘泉香港航空公司でもどこでも、
もっと日本発着の国際線に殴り込みをかけてほしいものですね。

日本語でヨーロッパの格安航空会社を紹介しているホームページ。
Flying Cheap!
大手の格安航空会社の草分け
イージージェット

中国情報局、9月4日の記事ですが、
オアシス香港エア:10月にロンドン直行便就航へ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(11) 

nice! 0

コメント 1

nikitoki

10月27日の日経産業新聞によると、香港の甘泉香港空港は、就航日の25日午後に第一便を香港からロンドンに飛ばす予定だったのに、トラブルがあり、26日になったよう。機長は、ロシアの軍事演習のためと説明。乗客は賠償を求め、香港人については、一人一律500香港ドル(約8000円)、外国人については、近くのホテルを手配。さらに乗客全員に無料航空券を配るなどしたそう。さんざんなスタートだったみたいですねー。
by nikitoki (2006-10-28 16:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

トラックバックの受付は締め切りました